思春期ダイエットで起こる病気まとめ!一歩間違えると危険なダイエットとは | チルコレ

記事公開日: 2018/04/05
jottasuke

思春期ダイエットで起こる病気まとめ!一歩間違えると危険なダイエットとは

中学・高校に入学してから、自分の外見や体型、ダイエットに興味が出てきた人もいるかと思います。しかし、間違った方法でダイエットをすると体を壊してしまう恐れがあります。危険なダイエットについてきちんと知っておきましょう。

  • 目次

そもそも思春期っていつからいつまで?

思春期になると、自分の外見や体型などに対して興味がわいてきます。
では、思春期とは具体的にいつからいつまでのことを指すのでしょうか?

思春期は、一般的に男子であれば11歳ぐらいから18歳、女子であれば10歳ぐらいから18歳ぐらいまでの期間を言います。

ただし、ある日を境に思春期になるわけではなく、いつ思春期に入るかは個人差が大きいので「確実に〇歳になったら思春期になる」ということは言えません。

心の変化

思春期になると、わけもなく大人に反抗したくなる人がいます。親や先生の言うことにがすべて気に障ったりします。

また、親から離れて一人で暮らしたいという気持ちが高まるのもこの頃です。

些細なことでイライラしやすくなる反面、親と離れるのが不安になって甘えてしまうなど、矛盾した行動も増えます。

思春期は、心が大人になる時期でもあるのです。

体の変化

思春期になると「二次性徴」が始まります。

女子であれば生理が始まったり、男子であれば声変りがしたり、これまでからは想像できない体の変化に戸惑う人もいるでしょう。

具体的には次のような変化が現れます。

  • わき毛や陰毛、ヒゲが生える
  • 乳房が発達する
  • 声変りする
  • 性的なことに対する興味が強くなる
  • 生理が始まる
  • 精通が起こる
  • 女子はふっくらとした丸みを帯びた体つきになる
  • 男子はがっしりとした筋肉質な体つきになる

以上のことから、思春期は心と体が大きく変化する時期ということができるでしょう。

なお、思春期になると体の成長に伴い体重も増える傾向にあります。

次の表は、平成27年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)に記載されている思春期の児童・生徒の平均体重です。

学年 男子 女子
 中学1年生(12歳)  43.9kg  43.6kg
 中学2年生(13歳)  48.8kg  47.3kg
 中学3年生(14歳)  53.9kg  49.9kg
 高校1年生(15歳)  59.0kg  51.5kg
 高校2年生(16歳)  60.6kg  52.6kg
 高校3年生(17歳)  62.5kg  53.0kg

思春期は男女ともに体重の変化が大きいことがわかるのではないでしょうか?

体の成長に伴う体重の変化は自然なことです。

極端に太っていて、医師から痩せるよう言われたのでなければ、あまり気にする必要はありません。

思春期にダイエットすることの何が危険なの?

では、思春期のダイエットはなぜ危険なのでしょうか?

思春期を迎えた人の中には、「もっとかっこよくなりたい」「もっとかわいくなりたい」という気持ちからダイエットを始める人がいます。

しかし、思春期は日々体が発育する時期なので、大人よりもたくさんの栄養が必要です。

そんな時期に厳しい食事制限やハードな運動などを行うと、体が栄養不足に陥って、体の発育が妨げられてしまうのです。

また、人によっては心を病んでしまう場合もあります。

標準体重であっても「自分は太っているんだ」と思い込んで、「こんな自分はダメなんだ」「醜いんだ」と自分を追い詰めてしまうのです。

思春期に体重が増えることは自然なことです。
無理にダイエットをすることは避けましょう。

間違ったダイエットで起こりうる病気とは

思春期のダイエットには危険が伴いますが、具体的な病名などを聞かないとと今一つピンと来ない人もいるのではないでしょうか?

思春期の間違ったダイエットによって起こりうる病気を詳しく見ていきましょう。

貧血

厳しい食事制限を伴うダイエットを行うと、貧血になる人が少なくありません。
特に女子は毎月生理があるため男子に比べて貧血になりやすいといわれています。

貧血になると、めまいやだるさ、疲れやすさ、息切れといった体調不良が起こりやすくなります。

肉や魚を食べないなど極端な食事制限を行うことは止めましょう。

骨粗しょう症

人によっては、骨粗しょう症になって骨がもろくなってしまうこともあります。

骨粗しょう症というと大人やお年寄りの病気というイメージがありますが、極端なダイエットを行っている子どもも注意が必要です。

骨粗しょう症になると、骨折しやすくなります。

摂食障害

無理なダイエットは、心にも悪影響です。中には心を病んで、摂食障害に陥ってしまう人もいます。

摂食障害というと「食べ物一切食べない」というイメージがありますが、それだけではありません。

  • 体が食べ物を受け付けなくなる「拒食」
  • お腹いっぱいでもさらに食べ続けてしまう「過食」
  • 過食した後で無理やり嘔吐する「過食嘔吐」

などいくつかのタイプがあります。

摂食障害は克服するのに長い時間がかかるだけでなく、命に関わる病気でもあります。

不妊

無理なダイエットを行うと、女子の場合、生理不順になってしまうことがあります。

結果として、子宮や卵巣の発育が妨げられ、将来的に不妊になってしまうことがあるので気を付けましょう。

毎月きちんと生理が来ているかどうかをチェックすることが大切です。

まとめ

思春期になると、体が大きく変化するため「ダイエットをしなきゃ!」という気持ちにかられる人も少なくありません。

しかし、間違った方法でダイエットをすると、体や心を壊してしまうので注意しましょう。

思春期にどうしてもダイエットをしたいのであれば、食事に気を配ることが大切です。

色々な栄養素をまんべんなく摂れるよう普段の食事を見直してみましょう。

次の記事ではダイエットをするなら知っておきたい食事や栄養について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ピックアップ記事

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。