ダイエットしたい中学生向け!人気の栄養サプリ4つを徹底比較 | チルコレ

記事公開日: 2017/12/15
最終更新日: 2018/06/26 ShinozakiYu

ダイエットしたい中学生向け!人気の栄養サプリ4つを徹底比較

中学生と言えば少しずつ大人を意識し始め、髪型や体型なども必要以上に気にする時期。しかし運動量や食事内容によって、急激に太ってしまうお子さんも少なくありません。ここでは成長期を大事にしながら、体に負担をかけず健康的にダイエットする方法をご紹介していきます。

  • 目次

中学生が痩せるためには?

中学生の場合、部活動などで体を動かしている間は食べても太らないことが多いものですが、引退後の食生活には十分に気を付ける必要があります。運動量は格段に減ったのに、胃の大きさはそのまま。

運動もしないのに満腹感を得られるまで食べていたら、あっという間に太ってしまうのです。更に受験勉強中はお菓子の誘惑も多く、ついつい手を伸ばしてしまいがち。

これらが原因で、気付いた時には制服が窮屈に感じるほど体重が増加したケースも少なくありません。

しかしそうかといってむやみに食事制限を行うのはNG。中学生といえばまだまだ成長期に当たるため、ここで無理なダイエットなどを行うと取り返しがつかない事態を引き起こすこともあります。

特にカルシウムは12~14歳の必要量が最も高くなっており、1日の推定平均必要量は男子が850mg、女子が700mg、推奨量はそれぞれ1,000mg、800mgとされています。

また女子が積極的に摂取するべき鉄分は、月経ありの場合で必要量が10mg、推奨量は14mgになっています。

日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

「カルシウムが必要なら牛乳をたくさん飲めばいい」と思っている人も多いのですが、牛乳には脂肪分も含まれているため飲みすぎはオススメできません。

カルシウムは小魚やひじき、豆腐、小松菜などにも多く含まれているので、これらの食材も利用するようにしましょう。

また小魚、ひじき、小松菜からは女性に大事な鉄分も摂取できるので、まさに成長期に必須の一石二鳥の食品です。

なかなか思うように体重が減らない、お腹のぽっこり感が気になるという場合は便秘の可能性があります。便秘は栄養バランスの偏りストレス運動不足、そして十分な睡眠が得られていない場合にも起こりやすいとされています。

腸内環境を整えるには乳酸菌や食物繊維が入った食品を積極的に摂ることが重要。乳酸菌はヨーグルトやナチュラルチーズ、味噌、塩麹や漬物などの発酵食品に多く含まれています。

また食物繊維は切り干し大根や枝豆、モロヘイヤ、ごぼうなどの野菜、ひじきやわかめといった海藻類、そしてきのこや穀類などにも含まれています。

まずは十分な睡眠や適度な運動、栄養バランスの良い食事などを心がけ、生活リズムを整えることが必要です。食事制限ではなく、無駄な物を省き、必要なものを必要な量摂取するようにしましょう。

健康的な減量のお供にサプリメントはいかが?

規則正しい生活、運動、そしてバランスの良い食事もダイエットには重要な要素であることは分かっていても、なかなか思うようにいかない、続かないという人も少なくないはず。

そんな場合にオススメなのがサプリメントです。サプリメントは栄養補助食品や健康補助食品と呼ばれる物で、普段の食生活では十分に摂取できない栄養素を補ってくれる働きをします。

そのメリットは何と言っても、「手軽に飲める」ということ。錠剤やカプセルになっている物が多いので、飲みやすく、持ち歩きにも適しています。

またドラッグストアやスーパー、コンビニ、通販などで簡単に手に入るため、購入手段に殆ど困らないのも大きなメリットとなっています。

最近の調査ではサプリメントを毎日利用しているという人が約3割。過去の利用歴を含めると約8割もの人がサプリメントを利用したことがあるようです。

これは大人だけに限らず高校生や中学生はもちろん、小学生や幼児にまで広がりを見せており、その目的は健康の維持や栄養成分の補給、疲労回復、ダイエット、病気の予防と多岐に渡っています。

健康食品とは~厚生労働省

人気の青汁サプリを徹底比較

フレッシュフルーツ青汁

国内厳選の大麦若葉や鹿児島県産明日葉、必須アミノ酸を多く含む北海道産クマザサを使用。

大麦若葉にはビタミンCがみかんの約4倍、食物繊維はキャベツの約10倍ビタミンEは人参の約10倍、そして鉄分は小松菜の約20倍も含まれています。また胃酸や熱に強い2種類の乳酸菌が善玉菌を増やし、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

青汁は苦い、美味しくないというイメージがありますが、本品は青汁特有の苦みや青臭さを無くし、フルーツジュースのような味わいとなっています。

  • 1ヶ月分30包通常価格4,352円→初回980円(税抜き)、2回目以降は2,980円(税抜き)

公式サイトはこちら

チルコレでは大人気フレッシュフルーツ青汁について詳しく紹介しています。

ピックアップ記事

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

美しさの基礎を作る4種の国産青汁原料(大麦若葉、クマザサ、明日葉、甘藷若葉)を使用。更にプラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸の3大美容成分を贅沢に配合。181種の酵素乳酸菌、ヨガフルーツなども含まれています。

青汁の青臭さがなく、野菜嫌いな人でも飲みやすいフルーツ野菜ジュースのような味わいが特長。栄養バランスも考えた続けやすい商品となっています。

  • 1ヶ月分30包通常単品価格5,980円→初回680円、2回目以降は3,980円

公式サイトはこちら

めっちゃぜいたくフルーツ青汁についてはこちらで詳しくとりあげています。

ピックアップ記事

すっきりフルーツ青汁

64種類の国内産野菜と果物をじっくり自然発酵させたペーストを使用。緑黄色野菜の王様とも言われるケールも配合しています。

クコの実やチアシード、マカなど植物由来のスーパーフード9種類も含まれており、より効果的なダイエットをサポートします。消化や代謝に欠かせない酵素の役割に着目した青汁です。

  • 1ヶ月分62粒通常価格4,890円→初回630円、2回目以降は4,280円

公式サイトはこちら

すっきりフルーツ青汁を一番安く買う方法など、詳しく紹介しています!

ピックアップ記事

めっちゃたっぷり フルーツ青汁

野草、フルーツ、野菜、海藻などから149種類の酵素を配合、有胞子性乳酸菌もたっぷり含まれています。ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などが含まれた8種のビタミンと、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウムなど9種のミネラルが栄養バランスをサポート。

更に美容成分の代表格でもある植物性のプラセンタまで配合されています。北海道産のクマザサ、八丈島産明日葉、インド原産のスーパーフードモリンガなど、産地にもこだわった原料を使用。苦みの原因とされるケールを除き、フルーツジュースのような口当たりの青汁となっています。

  • 1ヶ月分30包通常価格5,980円→初回680円、2回目以降3,980円

公式サイトはこちら

めっちゃたっぷり フルーツ青汁について気になる成分など、詳しくピックアップして紹介しています。

ピックアップ記事

まとめ

ダイエットで一番重要なのは「継続すること」。一時的に痩せてもリバウンドで元に戻ってしまうのは、続けられなかったことが大きな原因と思って間違いないでしょう

続かなかった理由には、「無理」や「負担」などが少なからずあったからだと思われます。

ダイエットは決して無理をせず、健康的に痩せていくのが理想的。特に成長期である中学生の場合、栄養面を軽視するとその後の成長や体調に著しい悪影響を及ぼす可能性があります。今だけを見るのではなく、将来のことも視野に入れ、長期的にゆっくり体重を減らしていくように心がけることが大切。

栄養素を手軽に補ってくれるサプリメントなどを上手に取り入れながら、健康的なダイエットを進めていくようにしましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。