思春期ニキビに効果的な洗顔石鹸を探しているなら!「ノンエー」がおすすめです! | チルコレ

記事公開日: 2018/04/13
最終更新日: 2018/05/21 ytfreest

思春期ニキビに効果的な洗顔石鹸を探しているなら!「ノンエー」がおすすめです!

このページをご覧になっているかたは、おそらく「思春期ニキビに効果のある洗顔料って、結局どれなの?」と疑問を感じていることでしょう。

ニキビ予防・ニキビ改善をうたっている商品はたくさんあり、その中からひとつの商品を選ぶのは大変なことです。

今回は思春期ニキビに効果があると話題の商品をご紹介するとともに、洗顔石鹸の選び方や洗顔のポイントもあわせてお話ししますのでぜひ参考になさってください。

  • 目次

実は石鹸には種類があります

手を洗う・体を洗う・顔を洗う・洗濯前の予洗いに使用するなど、普段の生活のなかで石鹸の出番は意外と多いものです。

そしてパッケージをよく見ると「浴用石鹸」「薬用石鹸」など、石鹸にも種類があることがわかります。

そして「浴用石鹸で洗顔をしても良いのか?」「薬用石鹸は普通の石鹸と何がちがうのか?」と疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。

結論をいうと、石鹸は使用目的に応じて種類分けされており、目的に応じた石鹸を使うのがベストということです。

今回は普段使用することの多い「浴用」「洗顔」「薬用」の3種類の石鹸について説明します。

⑴浴用石鹸

浴用とは入浴時に使用するということ。頭のてっぺんから足の爪の先まで洗える石鹸のことで、洗顔やシャンプーにも使えます。まさに全身に使える石鹸です。

ただし洗浄力はやや高めで、洗った後にツッパリ感を感じることがあります。これは、顔と足裏では皮膚の厚みがまったく違うけれど「全身を洗うための洗浄力」を前提としているため、顔を洗うには洗浄力が強すぎるということです。

⑵洗顔石鹸

顔を洗うことに特化した石鹸です。人の体のなかで皮膚がいちばん薄い部位は「顔」。

そんなデリケートな顔を洗うための石鹸なので、浴用石鹸に比べて洗浄力はマイルドです。

一定の洗浄力がありつつ、肌に潤いを与える保湿成分を配合しているため洗い上がりはしっとりしています。

また、顔の皮膚はわずかな刺激でもダメージを受けやすいもの。そのため、洗顔石鹸は洗顔の刺激から肌を守るためにキメ細かでたっぷりの泡立ちが特徴です。

⑶薬用石鹸

ニキビ・毛穴・シミなど肌の悩みにはいろいろとありますが、それらの症状を改善するのに有効な成分を配合した石鹸を薬用石鹸といいいます。

「薬用」とつくものは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品です。医薬品に比べると効果は弱いのですが、日常的に使い続けることで症状改善が期待できます。 

ニキビを治したい人には「薬用石鹸」がおすすめ

1)ニキビを治したい人:薬用石鹸

すでにニキビが発生している場合には、ニキビの症状を改善するための有効成分を配合した「薬用石鹸」の使用が効果的です。

具体的には、ニキビの原因菌であるアクネ菌をやっつける殺菌作用のあるもの、ニキビの炎症を抑える抗炎症作用のあるものなどです。

2)ニキビ予防:洗顔石鹼、薬用石鹸

まだニキビはできていないけれど、皮脂の過剰分泌で顔がテカる、毛穴汚れが気になるなどお肌の悩みがある場合には「洗顔石鹸」もしくは「薬用石鹸」の使用がおすすめです。

思春期の肌はオイリーに傾きやすく、ついゴシゴシ洗いたくなりますが洗顔のしすぎは肌の乾燥を招くので逆効果。洗浄力の高い「浴用石鹸」よりも、マイルドな洗浄力で潤いを保ってくれる「洗顔石鹸」の使用をおすすめします。

また、過剰な皮脂をコントロールしてアクネ菌の繁殖を予防したり、毛穴汚れはスッキリ落としつつ潤いも保ってくれたりするような「薬用石鹸」を使用することで、より効果的にニキビを予防することができます。

「ノンエー」は思春期ニキビの「予防」と「改善」に効果的!

 
ノンエー
  • 単品購入(100g×1個) 2,940円+540円
  • 3個セット (100g×3個)7,980円+送料無料 10%off

公式サイトはこちら

「ノンエー」は「改善」だけではなく「予防」にも使える

ニキビを治したいなら「薬用石鹸」、予防したいなら「洗顔石鹸」もしくは「薬用石鹸」がおすすめとお話ししましたが、もし「ニキビの改善も予防も両方かなえてくれる石鹸」があったら……?

実際に、ニキビが治っても再びできてしまうケースは多いのです。どうせならニキビが治ったあともツルスベ肌をキープしたいですよね。

また、ニキビ予防をしつつ、もしニキビができてしまった場合にそなえて「予防にも改善にも効果的な石鹸が欲しい!」と思いませんか?

そんなあなたには「薬用ニキビ専用洗顔石鹸 ノンエー」をおすすめします。

ノンエーについて知りたい!というあなたのために、ノンエーのおすすめポイントをご紹介します。

⑴ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kを配合

甘草由来のグリチルリチン酸は、ニキビの炎症を抑える目的でニキビケア商品によく含まれている成分です。

抗炎症作用により、まだ炎症を起こしていない白ニキビが赤ニキビに移行するのを予防、すでに赤ニキビになっている肌にはそれ以上悪化するのを防ぐ効果が期待できます。

⑵天然の保湿成分、美肌成分を配合

アミノ酸を豊富に含んだローヤルゼリーエキス、お肌ぷるぷるのもとであるコラーゲン、保水力のあるヒアルロン酸、皮脂分泌をコントロールし毛穴を引き締めるダイズエキスを配合。

ニキビケアだけでなく、肌そのものをキレイにしてくれる成分がたっぷり配合された薬用石鹸です。

⑶モコモコ泡で感動の洗顔体験!

ノンエーを使用してまずビックリするのは、そのモコモコ泡。通常の石鹸に比べて約4倍ものキメ細かで弾力のある泡が作れるそうです。

皮脂によるテカリや毛穴汚れがあるとついゴシゴシ洗いたくなりますが、洗顔の基本はたっぷりの泡で優しく洗うこと。

手のひらと肌が直接こすれないようにたっぷりの泡のクッションで洗うことで、肌に優しく毛穴汚れもスッキリ落とすことができますよ。

公式サイトはこちら

ノンエーの使い方&注意点

 よく泡立てて使う、ぬるま湯で洗うなど、いくつかご紹介ください

洗顔方法

ノンエーの使い方は、基本的にほかの洗顔料と変わりありません。

まずは手をキレイに洗い、ぬるま湯で顔を濡らしたら、ノンエーをたっぷりと泡立てましょう。

たっぷりのモコモコ泡を優しく顔に広げたら、優しく手のひらで泡を押し広げるように洗います。ポイントは「泡を優しく広げる」こと。絶対にゴシゴシ洗いはNGですよ!

そのあと、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。熱いお湯だと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、少しぬるいと感じるくらいのお湯で流すようにしてください。

注意点

ノンエーには保湿成分が配合されているものの、やはりニキビ専用石鹸ということもあり洗浄力は高めです。

洗いすぎは肌の乾燥を招く原因になるので、洗顔は1日2回までにしましょう。

また、ノンエーの泡は気持ちがいいので、つい長く洗ってしまいたくなりますが、泡を肌にのせたら20〜30秒を目安に洗い流してください。

これは、肌に長時間泡をのせておくことで皮脂や角質を落としすぎてしまう可能性があるからです。敏感肌の人はもう少し時間を短くするなど調整してください。

まとめ

思春期ニキビは治ったあとも油断せず、予防することが大切です。

ニキビの改善と予防を両方かなえてくれる薬用石鹸の「ノンエー」。

気になるかたは、まずはトライアルセットでお試ししてみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。