今すぐできる!成長期の子供の身長を伸ばす究極の方法4選 | チルコレ

記事公開日: 2017/10/27
最終更新日: 2018/09/17 SatoNatsumi

今すぐできる!成長期の子供の身長を伸ばす究極の方法4選

成長期の子供を持つ方は、成長期の間に子供の身長がどれだけ伸びるのか気になってしまいますよね。一般的に身長は遺伝で決まるものと考えられていますが、身長を伸ばす方法は実在します。

この記事では、その中でも特に効果的な方法を4つ厳選してご紹介します。遺伝だから仕方がない…と諦める前に、1度試してみてはいかがでしょうか。

  • 目次

そもそも成長期とは?

身長を伸ばす方法をご紹介する前に、そもそも「成長期」とは何かおさらいしておきましょう。

まず成長期には2段階あります。

最初の「第1次成長期」新生児から4歳頃までを指し、2番目の「第2次成長期」は個人差はあれど、男女共に平均10歳〜11歳頃から17〜18歳頃までとされています。

第2次成長期の間、最も骨の成長が盛んなのは、女子で10歳〜12歳頃、男子で11歳〜13歳頃

いわゆる「思春期」と呼ばれる約3年間です。急激に身長が伸びる子供も多いこの第2次成長期は、身体の成長の最終段階。この期間で骨の成長に効果的な方法を実践するかどうかが、将来的に大きな違いを生み出します。

男女別子供の成長期一覧

それでは子供の成長期を男女別に見ていきましょう。

下記に抜粋したデータ(※1)からは男子と女子の成長期における差異が分かります。一般的に女子の方が早く成長期に入り、その後男子よりも早く身長の伸びが止まる傾向にあります。

年齢/性別

男子 女子

10〜11歳

5cm 7.3cm

11〜12歳

5.4cm 7.4cm

12〜13歳

8.6cm 4.2cm

13〜14歳

8.7cm 2.2cm

14〜15歳

4.5cm 1.1cm

(※1)すくすくのっぽくん「年齢別/男女の年間の成長率一覧」

子供によって成長期は異なるため、それぞれよく成長の観察を行うことが重要ですが、これらのデータはある一定の目安となるので、頭に入れておいて損はありません。

成長期の子供の身長を伸ばす究極の方法4選とは?

それでは、子供の身長を伸ばす方法を4つ、順番にお伝えしていきます。どれも当たり前で基本的なことと感じるかもしれませんが、ちゃんとこれらにしたがって生活するのは意外と難しいものです。

また何事もストレスになってしまっては続きません。これらの方法は直ぐに効果が期待できるというより、地道な継続が大事になります。ストイックになりすぎるあまり、子供が重荷に感じることのないよう、ほどよく力を抜くことも大事です。あまり気負いせず、子供と相談しながらそれぞれの方法を試してみて下さい。

睡眠

まず1つ目は、良質な睡眠を取ること。

骨の成長に必要な成長ホルモンは眠っている間に分泌されるので、ここは必ず押さえておきたいポイントです。

これまで往々に成長ホルモンはゴールデンタイム(22時から2時)に最も多く分泌されると考えられてきました。しかし最近になって、実は入眠してから熟睡状態になるまでの時間が重要だということが分かってきたのです。

最新の研究結果(※2)によると、入眠後3時間以内に熟睡状態(ノンレム睡眠)に入れるかどうかが、成長ホルモンの分泌量に影響するとされています。

子供がスムーズに深い眠りに入れるよう、熟睡しやすい環境を用意してあげたいですね。

(※2)NIKKEI HOUSE くらし&ハウス『5分で寝息 実は睡眠不足』

食習慣

睡眠と同等の影響力を持つのが、食習慣です。

ある特定の食材を食べれば身長が伸びるというよりも、栄養バランスの良い食事をある程度決まった時間に摂ることが最も効果的です。

特に、最近は朝食を食べる習慣の無い子どもが多いと言われていますが、朝食を抜いていると成長に必要な栄養素が摂取できず、成長ホルモンの分泌も滞ってしまいます。特に成長期のうちは1日3食時間帯に気をつけながらしっかり食べることがオススメです。

就寝前の夕食の内容と時間帯にもしっかり気を配りたいものです。

通常食事の消化にはおよそ2〜3時間かかるとされています。就寝中に成長ホルモンを最大限に働かせたい場合は、就寝時間から逆算して夕食時間を決めましょう。

食事の内容にも十分な配慮が必要になります。

手軽なおにぎりやパンなど炭水化物だけで済ますのは止め、タンパク質野菜を含む主菜・副菜の揃ったメニューを用意しましょう。また、ハムやソーセージなどの加工品は保存料が多く使用されており、製造過程で栄養素が失われがち。加工品やインスタント食品はできる限り避け、良質な食材を用いた手作りの食事を摂らせることが大切です。

栄養バランスの良い食事を3食きちんと取れば、栄養素同士が相乗効果を生み、成長ホルモンが効率的に分泌される身体を作ってくれます。

ピックアップ記事

ストレッチ

睡眠、食習慣に続いて大きな影響力を持っているのが運動習慣。

適度な運動を行うと骨が適度に刺激され成長ホルモンの分泌を促してくれます。

中でもオススメは、運動が苦手な子供でも取り組みやすいストレッチ。眠る前に簡単なストレッチを行うと、成長ホルモンの分泌促進効果だけでなく、リラックス効果も得られます。心身共にリラックスできると眠りの質が向上するので、更なる相乗効果がもたらされるというわけです。

ただし身体が成長途中に過度な運動を行うと、身体の栄養素を激しく消費し成長の妨げになる恐れがあります。1日に2時間程度の運動を週2〜3回行うなど「適度な運動」に留めておくようにしましょう。

ピックアップ記事

栄養・栄養応援サポート飲料

栄養バランスの良い食事習慣が前提ですが、食事だけでは補いきれない栄養素はサプリメントでの摂取もオススメです。様々な商品が出回っているので、品質や原材料などを吟味して選びましょう。

子供の身長を伸ばすのに効果的な栄養素は主に次の6つです。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • タンパク質
  • アルギニン
  • ビタミンD
  • 亜鉛

カルシウム、マグネシウム、タンパク質の働き・必要性については前述した通りです。

その後に続く「アルギニン」は耳慣れない栄養素かもしれません。アルギニンはアミノ酸の一種で、大豆類、肉や魚介類、乳製品やレーズンなどが含有量の高い食材です。アルギニンは4000mg経口摂取すると、成長ホルモンの分泌が4.2倍になるそうです。(※2)

アルギニンは成人になれば体内で合成が可能な「非必須アミノ酸」ですが、子供の場合はほぼ不可能とされています。そのため子供にとってアルギニンは「必須アミノ酸」または「準必須アミノ酸」に分類され、日々摂取が欠かせない栄養素なのです。

また最近の研究では、数多くの栄養素の中でアルギニンが最も成長ホルモンの分泌を促すという結果も出ており、注目の的となっています。

魚類やキノコ類に含まれるビタミンDも、実はカルシウムの吸収・沈着を助ける重要な役割を果たしています。一方、亜鉛タンパク質の合成や分解に必要な欠かせない栄養素。肉や魚、卵、乳製品、豆類などに多く含まれています。

サプリメントは栄養補助食品として子供がほぼ毎日摂るものです。出来る限り安心できる商品(例えば国産・無添加のものなど)を選ぶようにしましょう。

中高生に利用者が多く、成長期のピークからラストスパートにかけて必要な栄養素、また栄養の量を満たす、とても効果が期待できる栄養応援サポート飲料はこちら。

(※2)PubMed(英語)

栄養補助食品 プラステンアップ

plus10up

プラステンアップ成長期のピークからラストスパートにかけて必要な栄養素と量を満たす、とても効果が期待できる身長サプリメントです。

部活をやっている、中高生に利用者が多く、効果を実感されているご家庭は、お子さんと一緒に食事の栄養バランスを見直すなどをしながら、栄養補助食品としてプラステンアップを利用しています。

効果を期待するには日頃の食事の栄養バランスが重要です。さらにそのサポートとしてプラステンアップは強い味方となってくれることでしょう。

[毎月お届けコース]

  • 1袋約1ヶ月分(240g入)
  • 通常価格9,980円(税込)→初回限定1,980円(税込)/2回目以降は5,480円(税込)
  • 送料無料
  • クレジット手数料無料

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

これで同級生に一歩リード!

成長期の子供の身長を伸ばす究極の方法を4つ、他の知識・情報も交えながらご紹介しました。

この4つの方法を地道に継続していけば、きっと同級生よりも健やかな成長が望めるはずです。即実行に移せば、効果が現れるのも早いでしょう。

しかし、先にも述べましたが、いくら栄養・サプリメント・運動面で努力しても、気持ちにかかる負担・ストレスはそれら全ての妨げになり得ます。

直ぐに結果が出ないからと焦らず、子供の成長をゆっくり見守る気持ちで実践してみて下さい。

ピックアップ記事

もっと多くの身長サプリメントを比較したい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。