【高校生向け】忙しい高校生のための簡単ニキビケアまとめ | チルコレ

記事公開日: 2017/10/19
最終更新日: 2018/02/06 OshitaRisako

【高校生向け】忙しい高校生のための簡単ニキビケアまとめ

高校生になるとニキビが増えてくる子供も少なくありません。親としては、できるだけニキビの悩みを解消してあげたいものですよね。

しかし、現代の高校生は忙しく、病院にこまめに通ってケアをするというのは難しいと言わざるを得ません。

そんな時、自宅で簡単にできるニキビケアがあれば試してみたいと思いませんか?

この記事では、忙しい高校生でも簡単にできるニキビケア方法や専用アイテムをご紹介します。子供のニキビケアの参考になさってみてください。

  • 目次

青春真っ盛り!ニキビなんかにかまってられない高校生のための簡単ニキビケアとは?

高校生になると、ニキビが増えてくるという人は少なくありません。親としては、できることなら、しっかりとニキビケアを行って、健やかな肌を取り戻させてあげたいですよね。

しかし、ニキビケアはしっかり行おうと思うと、それなりに時間がかかります。

忙しい現代の高校生の中には、毎日継続して丁寧なケアを行うのが難しいという人もいるでしょう。

そんな時は、使用するニキビケアアイテムを変えてみることをおすすめします。

ニキビケアアイテムを変えるだけで、より簡単に素早く肌のお手入れができるようになることも珍しくありません

様々なタイプの商品が販売されているので、トライアルサイズなどを使わせてみて、子供に最も合った商品を選ぶようにしてください。

また、なぜ思春期ニキビはできるのか原因を知ることも大切です。

ピックアップ記事

ニキビケアの時短テクニックを公開!

ニキビケアの時間を短縮するのであれば、まず、ニキビケアのステップを見直してみましょう。

通常であれば、洗顔→化粧水→保湿剤というステップでケアをしていきますが、

まず化粧水→保湿剤のステップを一つにまとめてしまいましょう。

現在は、化粧水・美容液・乳液の効果が一つになったオールインワンゲルも様々な種類が市販されています。

そのうえで、洗顔料の見直しを行いましょう。

洗顔料の中には、よく泡立てて使うことを前提にしているものも少なくありません。

泡立てる時間や手間を省きたいのなら、泡立たないタイプの洗顔料や、最初から泡で出てくるタイプの洗顔料を選んであげてください。

親ができる高校生へのニキビケアサポート

では、忙しい高校生のニキビケアのために、親ができることはあるのでしょうか?

親ができることを一つ一つ見て行きましょう。

1. 正しい情報収集

「スマホやネットは子供のほうが詳しいから、自分よりもいろいろな情報を知っているはず」

と思い込んでいる親は少なくないものです。

確かに、子供のほうが化粧品やニキビケアの知識は豊富かもしれません。しかし、その情報が正しいとは限らないのが実情です。

親は親で、正しい情報収集に努めましょう。

病院や学会、化粧品の公式ページなど、信頼できるサイトでの情報収集を行って、それをわかりやすく子供に伝えてあげてください。

2. 病院探し

ニキビは立派な皮膚疾患です。

赤ニキビ黄ニキビ紫ニキビといった重篤なニキビが見られたら、自己判断で対処しようとせず、きちんと皮膚科医の診察を受けましょう。

しかし、皮膚科医の中にはニキビ治療への理解が足りていない医師もいます。

「思春期のニキビは放っておいても治る」とか「青春のシンボルだから気にすることはない」というスタンスの医師もいるので、

医師の人柄や治療方針をよく見極めましょう。

親は、知り合いの口コミなどを利用して、子供が通いやすい病院探しを行ってください。

ピックアップ記事

3. 食事のサポート

ニキビは、食生活を密接な関係があると言われています。

油っこいものお菓子の食べ過ぎはニキビを悪化させる原因になるので、まずは子供の食生活に気を配りましょう。

肉・魚・野菜をバランスよく組み合わせた献立が理想です。和食の定食をイメージすると良いでしょう。

朝・昼・夜の献立に気を配ることで、体の内側からニキビをできにくく・悪化しにくくするサポートが可能です。

4. 寝具の洗濯や交換

ニキビができる原因の一つに、不衛生な寝具が挙げられます。

私たちは寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われており、枕にはその汗がしみ込み、雑菌が繁殖しやすくなっています。

できることなら毎日枕カバーを取り換え、定期的に枕を天日に干すなどして寝具を清潔に保つ工夫をしましょう。

5. ニキビ専用アイテムの購入

もし「ニキビに効きそう!」と思う商品があれば、子供に買い与えてみましょう。

洗顔料化粧水オールインワンゲル医薬品日焼け止めなど、様々なアイテムが市販されています。

子供のお小遣いではなかなか購入に踏み切れないものもあるでしょうから、そこは親が買い与えてあげましょう。

ニキビ専用アイテムを使ってニキビを撃退!

ニキビ専用アイテムは、ニキビのケアに特化しているため、一般的な化粧品には含まれていない成分が含まれていたりします。

中には、皮脂を吸着するパウダーなどが含まれているものもあります。

また、肌への刺激が少ない処方になっていることも珍しくないので、ニキビで腫れたり痛んだりしている肌でも安心して使うことができるというのもポイントです。

まずは、洗顔!

洗顔料を選ぶ際は、低刺激のものを選ぶようにしてください。

ニキビができている肌は、デリケートな状態になっています。スクラブがたっぷり入っているような洗顔料は、デリケートな肌を傷つけてしまうだけでなく、ニキビに当たって痛いということも珍しくありません。

泡立てて使う洗顔料の場合は、泡立てネットなどを使って良く泡立てて、泡を転がすようにしてやさしく洗いましょう。

泡立てるのが面倒だという場合は、泡立てずに使用するタイプ泡で出てくるタイプの洗顔料を使うのもおすすめです。

ニキビ専用アイテムでも、すすぎ残しはニキビができたり悪化したりする原因になるので、すすぎ残しがないよう親も注意してあげてください。

次に保湿。

ニキビ専用アイテムというと「オイルフリー」「皮脂を取り除く」という効果に目が行きがちですが、皮脂を取り除くだけでなくきちんと肌にうるおいを与えることも大切です。

肌が乾燥すると、肌を守ろうとしてさらに皮脂が分泌されます。その皮脂が毛穴に詰まって、ニキビの原因菌が繁殖し、新しいニキビができてしまうのです。

肌の乾燥を防ぐことは余分な皮脂の分泌を防ぐことにもつながるので、洗顔後はきちんと化粧水などで保湿をするようにしましょう。

化粧水を使った後は乳液などの保湿剤を使用して、うるおいを肌に閉じ込めるのがベターです。

もし、化粧水・乳液をそれぞれ塗るのが手間だとか、あまりケアに時間を掛けられないという人は、オールインワンゲルの使用も検討してみましょう。

洗顔後に塗るだけで、化粧水・美容液・乳液の効果を一度に得ることができます。

また、化粧品の中には、できてしまったニキビに塗るタイプの美容液もあります。

ピンポイントで塗るタイプの美容液で「スポッツケア」や「スポッツクリーム」といった名前で売られていたりします。

できてしまったニキビの腫れ赤みを抑えてくれるものなので、必要に応じて使用してみてください。

子供に合ったニキビ専用アイテムを探そう!

ニキビ専用アイテムは、ニキビ肌のことを考えて作られています。

一般的な化粧品に比べて低刺激だったり、炎症を鎮めたりする効果が高いものが多いです。

一般の化粧品に比べると高価ではありますが、ニキビを防ぐ・悪化させないためにも、子供がニキビを気にしだしたら「こんなものもあるけど、使ってみない?」とさりげなく勧めてあげてください。

もし子供に合う化粧品がわからない場合は、皮膚科で相談すると良いでしょう。

皮膚科医が監修している「ドクターズコスメ」のサンプルがもらえることもあります。

\チルコレおすすめニキビ専用アイテムもcheck!/

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。