思春期ニキビを漢方で治す?話題の効果を徹底検証! | チルコレ

記事公開日: 2017/11/23
最終更新日: 2018/02/15 ShinozakiYu

思春期ニキビを漢方で治す?話題の効果を徹底検証!

漢方薬が思春期ニキビの治療法としてにわかに注目されていることをご存知ですか。漢方薬を使ったニキビ治療の特徴は「ニキビ肌の原因から改善」すること。肌の症状別に使う薬が決められるため、適した漢方薬を使うことでより高い効果を期待できるでしょう。

  • 目次

そもそも漢方とは?

2010年に、政府は西洋医学東洋医学の長所を取り入れた総合医療を推進することを発表し、多くの皮膚科でも漢方を取り入れた治療に取り組んでいます。

では一体漢方とは何でしょうか。

日本における漢方の始まりは、5世紀ごろ中国の伝統医療でもある「中医学」が伝わったことから始まります。江戸時代にオランダ人医師を通じて広まった西洋医学を「蘭方」漢の時代に伝わった医学「漢方」と呼ぶようになりました。

漢方=中国というイメージがありますが、

実は、漢方は中国から伝わって以降日本人の体質や日本の風土に合わせて発展し、日本独自の伝統医療となっています。

西洋医学は病気を特定し病名に合わせて薬を選びますが、漢方は症状や体質に合わせて薬を選ぶという違いがあります。

病名が特定されてから薬を処方される西洋医学と比べ、

漢方には「未病」(通常の臨床検査では異常なしとされる心身の不具合)に対しても対応できる薬があることも、より多くの人に支持される理由でしょう。

慢性疾患の緩和や予防医学という点では、西洋医学よりも高い効果があると考えられていることも事実です。

漢方は迷信だと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

現代では、漢方薬に対する症例集積研究や生薬の成分分析、漢方医学で捕らえられている病態の科学的解明なども進んでいて、医師の81.2%が漢方を処方したことがあるというアンケート結果も出ているんですよ。

漢方と思春期ニキビの関係

皮膚の状態は体調と深いかかわりがあります。

そのため漢方を使った思春期ニキビの治療は、ニキビの症状を改善するだけでなく、その思春期ニキビの元となっている体調不良を改善することを目的にしています。

思春期ニキビの原因はホルモンバランスの崩れによる皮脂の増加ですが、同じ皮脂の量でもニキビができる人とできない人がいるように、体質や生活習慣なども関係しています。

漢方では症状そのものを抑える「標治療」と体質を改善して症状が出にくい体にする「本治療」の2つの治療を並行して行っていきます。

標治療では、思春期ニキビなど皮膚の炎症を「熱」としてとらえ、熱を抑える「清熱剤」を使用します。

合わせて行う本治療では、思春期ニキビが化膿しやすい人には免疫力を高める漢方薬、冷え性の人には体を温める漢方薬など、体質に合わせた薬を使います。

名前でわかる漢方薬の種類

漢方薬は薬の名前の最後の文字が「湯」「散」「丸」というように分けられますが、これは薬の元々の作り方によって変わります。

最も多く使われる「湯」は生薬を煎じた薬、「散」は生薬を粉末状に砕いた薬、そして「丸」は生薬をはちみつなどで丸めた薬です。

現在では、生薬を煎じたエキスを乾燥させた粉末を顆粒剤や錠剤にした「エキス製剤」が主流。昔と比べて品質が安定し保管に便利になったため、広く普及しています。

漢方を飲むときの心構えは?

漢方薬を使う基本的な治療とは「体質改善」です。

どのような症状が出ているかを把握した上で、その症状が緩和されるように体質を変えていきます。

体質を変えることは短時間ではできません。すぐに効果を感じられなくても、あきらめずに取り組むことが大切です。

漢方薬を使った薬やドリンク剤がドラッグストアなどでも簡単に手に入るため、漢方薬には副作用がないというイメージを持っている方が多くいますが、

漢方薬にも副作用があります。

副作用を避けるためには自分の「証」に合った漢方薬を飲むことが重要です。

「証」は漢方の考え方で、生まれつき持った体質などを考慮したその時の患者の状態を指します。

大きく分けて「体力のある実証」「体力のない虚証」に分けられ、

実証の人には体を冷やして過剰に摂った栄養を排泄する漢方を、虚証の人には体を温めて栄養を補給する漢方を処方することが基本。

副作用を避け、効果を実感するためにも自分の体質に合った漢方薬を飲みましょう。

といっても体質に合った薬を選ぶことも大変ですよね。

そこで一つ簡単な方法をご紹介。

病名に合った薬を処方される西洋医学と違い、漢方薬の場合その薬が体に合っていると甘く感じると言われているので、どの薬がいいか選ぶ際にはテイスティングをしてみてください。

また勝手な自己判断で複数の漢方薬を併用することも避けましょう

多くの漢方薬に含まれる「甘草」を多量に摂取すると、むくみや血圧上昇といった症状が出る偽アルドステロン症という副作用に見舞われることがあります。

漢方薬に限らずどんな薬を服用する場合でも、その薬の副作用を知っておくことで、万が一副作用が起こったとしても冷静に対応することができますね。

漢方薬を飲むタイミング&飲み方

漢方薬は食間または食前の空腹時に飲むようになっています。

食間であれば食後2~3時間後、食前であれば食事の1時間~30分前です。

体を温める作用がある漢方薬お湯と一緒に飲む、性熱剤として使用されるような体を冷やす作用がある漢方薬お湯に溶かしてから冷まして飲むといいとされているので参考にしてくださいね。

思春期ニキビにも有効なおすすめ漢方は?

思春期ニキビの標治療で清熱剤として使用される、代表的な二つの漢方薬がこちら。

胃腸が弱いお子さんや虚弱体質のお子さんは使用を控えてくださいね。思春期ニキビの症状やお子さんの体質に合わせて選びましょう。

1|白ニキビや黒ニキビがあるお子さんには「荊芥連翹湯

皮脂分泌を抑えるオウバクという生薬が含まれています。

殺菌作用もあり、アクネ菌を根本から退治します。思春期ニキビの原因の一つに便秘がありますが、

この漢方薬は腸内の水分環境を整えて、自然に排便できるようにしてくれます。

  • 適した体質:体力が中度以上ある・血行が悪く肌が浅黒い・手足の裏によく汗をかく
  • 用法用量:1日2回 朝夕の食前に1包(15歳以上) 2/3包(7~15歳未満)
  • 起こりうる副作用:発疹・かゆみ・食欲不振・胃もたれなど
  • 24包1,600円

販売サイトはこちら

2|赤ニキビや炎症ニキビがあるお子さんには「清上防風湯

12種類の生薬を配合。特に思春期ニキビの炎症を抑えるオウゴンや血行を促進するセンキュウが有効です。赤ニキビだけでなく、頭部の発疹の治療に使われます。

  • 適した体質:体力が中度以上ある・赤ら顔・顔全体が脂っぽい
  • 用法用量:1日2回 朝夕の食前に1包(15歳以上) 2/3包(7~15歳未満)
  • 効果が感じるまでの期間:1週間で思春期ニキビの赤味が引いていくでしょう。
  • 起こりうる副作用:発疹・食欲不振・発熱など
  • 24包1,957円

販売サイトはこちら

漢方の味が苦手という場合

中には漢方の味が苦手というお子さんもいるでしょう。

漢方では薬の味を感じることも大切だとされてきましたが、単体では服用しづらいと感じる場合、はちみつやゼリーなどと混ぜて無理なく服用してくださいね。

まとめ

漢方薬はゆるやかに効いていくため、思春期ニキビを少しでも早く治したいという場合には、体質改善だけでなく生活改善も必要です。

早寝早起き・バランスのとれた食事・スキンケアなども、保護者の方がサポートしてあげましょう。

思春期ニキビが悪化しないよう早めにケアをすることが大切です。漢方薬を自分で取り扱うことが不安だという場合には、皮膚科医や漢方を取り扱う治療院に相談しながら取り入れてください。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。