体質改善で思春期ニキビができない・繰り返さない肌になろう! | チルコレ

記事公開日: 2018/01/20
最終更新日: 2018/06/25 SatoKaede

体質改善で思春期ニキビができない・繰り返さない肌になろう!

繰り返しできる思春期ニキビ、どうにかしたいと思いませんか?思春期ニキビを改善するカギは、体質改善にあります。体質を改善して、思春期ニキビのできにくい肌を手に入れましょう!ここでは体質改善のためのポイントをお話します。

  • 目次

思春期ニキビができる理由


思春期になると、ホルモンバランスが揺らぎやすくなり、皮脂の分泌も盛んになります。

この皮脂が、思春期ニキビを作る原因なのです。

皮脂の分泌が盛んになると、たくさん分泌されすぎた皮脂で毛穴がふさがりやすくなります。

すると、ふさがった毛穴の中でニキビの原因になる菌が繁殖し、炎症が起き、ニキビができてしまうのです。

思春期ニキビを改善するためには、皮脂の分泌を抑えると同時に、菌が繁殖しにくい環境を整える必要があります。

そのために有効なのが洗顔です。

しかし、洗顔だけでは思春期ニキビを撃退することはできません。

洗顔や保湿といったスキンケアに加えて、毎日の生活を見直し、ニキビのできにくい体質づくりも必要不可欠なのです。

思春期ニキビができやすい体質

思春期ニキビは、脂性肌の人にできやすいと言われています。

肌がいつもベタついていたり、テカりが気になったりしていませんか?

もし「ちょっと肌が脂っぽいな」「いつもベタベタしているな」と思ったら、脂性肌用のスキンケアアイテムを使ってみましょう。

脂性肌の人の中には、「保湿をするともっと皮脂が出てしまう!」とあえて保湿をしない人が居ますが、保湿をしないのは肌によくありません。

皮脂は、私たちの肌を守るバリアの役割も担っています。

通常、充分に保湿がされている肌であれば、皮脂が分泌されすぎることはありません。

しかし、私たちの体は、肌が乾燥するとそれ以上肌の水分が蒸発しないように、さらに皮脂を分泌して肌を守ろうとします。

結果として、皮脂の分泌が多くなりすぎて肌のベタつきが増えたり、毛穴がふさがってニキビができやすくなってしまったりするのです。

脂性肌の人も、乾燥肌の人も、正しいスキンケアを行うことで肌を健やかな状態に導くことができます。

普段から肌を清潔に保つとともに、充分な保湿を行ってニキビのできにくい肌を目指しましょう。

生活習慣を改善してニキビができない・繰り返さない肌に

ニキビを予防する上で、意外と盲点なのが「生活習慣」です。

皆さんは、普段どんな食事をしていますか?

学校から帰ってきて、お菓子やファストフードばかり食べていませんか?

夜更かしはしていませんか?

紫外線対策はしていますか?

毎日の生活習慣の乱れがニキビの原因になっていることもあるので、見直してみましょう。

食事

まず、食事です。

食事は、毎日3食、バランスよく食べるようにしましょう。

脂肪や糖分の多いお菓子やファストフードは、できるだけ避けてください。

間食にはビタミンや食物繊維がたっぷり含まれている新鮮な果物などがおすすめです。

睡眠

次に睡眠です。

皆さんは、毎晩ぐっすり眠れていますか?

布団に入ってもスマホをしているという人は要注意です。

私たちの体は、寝ている間に日中のダメージを回復します。ニキビによって受けた肌のダメージも寝ている間に修復されるので、質の高い睡眠をたっぷりとることはニキビを治すのにとても大切です。

普段から早寝早起きを心がけ、しっかりと眠るようにしましょう。

紫外線対策

最後に、紫外線対策です。皆さんは普段から紫外線対策をしていますか?

日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などを使って紫外線対策をしましょう。

紫外線は、肌にダメージを与えるだけでなく、ニキビを悪化させます。

日焼け止めを選ぶ際は、「ノンコメドジェニック」と書かれている日焼け止めを選ぶようにしましょう。ニキビの原因になりにくい成分で作られているので、ニキビが気になる人でも安心して使うことができます。

学校に行く日も行かない日も、紫外線対策をしっかりすることでニキビができにくい・ニキビが悪化しにくい環境を整えることができるので、ぜひ習慣にしてください。

こちらの記事では最近話題の「飲む日焼け止め」について紹介しています。

ピックアップ記事

スキンケアを見直してみよう

毎日のスキンケアも見直してみましょう。皆さんは、普段どんなアイテムを使って洗顔していますか?

もし水だけで洗顔をしているのであれば、今日からでもニキビ専用の洗顔料を使ってみましょう。ドラッグストアに行けば様々なニキビケア洗顔料が売られています。

しかし、中には「どれを使って良いか分からない!」という人もいるのではないでしょうか?

そんな人のために、オススメの洗顔料を3つご紹介します。

1.ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ
  • トライアル30日セット(洗顔フォーム1本 クリーム1個)30日間返金保証付き 4,011円⁺送料900円
  • トライアル60日セット(洗顔フォーム2本 クリーム1個)60日間返金保証付き 8,023円
  • まとめ買いセット(洗顔フォーム6本 クリーム1個)60日間返金保証付き 20,056円

ファーストクラッシュは、洗顔だけでなく保湿までできる優しい使い心地の洗顔料です。

洗顔料の中に化粧水や乳液の成分も含まれているので、ワンステップでスキンケアを完了させることができる手軽さが人気を集めています。

古くなった角質を柔らかくして、肌の生まれ変わりを促す「サリチル酸」を配合しているため、毛穴を詰まりにくくしてくれるのもポイントです。

また、8種類の天然成分が肌をしかり保湿し、清潔に保ってくれます。

ニキビケアアイテムの中にはスクラブが入った洗顔料も珍しくありませんが、スクラブが痛くて使い続けられないという人も少なくありません。しかし、ファーストクラッシュはスクラブが入っていないジェルタイプの洗顔料なので、優しい使い心地です。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

2.ノンエー

ノンエー
  • 単品購入(100g×1個) 2940円+540円
  • 3個セット (100g×3個)7980円+送料無料 10%off

ノンエーは、石鹸タイプのニキビケア洗顔料です。ジェルタイプやクリームタイプに比べると持ち運びにくいですが、より肌に優しい洗顔料を探している人には特におすすめです。

ノンエーには、肌の生まれ変わりを促すピーリング成分は一切含まれていません。グリコール酸をはじめとしたピーリング成分は、人によってはピリピリとした刺激を感じる原因にもなります。

しかしノンエーにはピーリング成分が一切含まれていないため、敏感肌の人でも安心して使用できるのがポイントです。

また、保湿成分として

  • ローヤルゼリー
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア

も配合されています。

ノンエーを使うときは、泡立てネットなどを使ってよく泡立て、泡で撫でるように洗顔してください。ゴシゴシ擦ってしまうと、肌に負担が掛かってしまいます。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

3.プロアクティブ

プロアクティブ
  • 30日セット(洗顔料60g、美容液30g、クリーム30g、洗顔ブラシ) 4900円 初回限定、60日返金保証
  • 通常価格 7900円

「もっとスッキリした洗い上がりが良い」という人には、プロアクティブがオススメです。

プロアクティブの洗顔料にはとても小さなスクラブが配合されているため、よりしっかりと汚れを落としたい・よりスッキリとした洗い上がりが好みという人は試してみると良いでしょう。

またプロアクティブには、殺菌成分の「サリチル酸」が配合されているのもポイントです。ただし、洗顔料だけでは保湿までカバーできないので、化粧水や乳液も併せて使用するようにしましょう。

公式サイトはこちら

ピックアップ記事

4.ルナメアAC

洗顔の後は保湿が大切です。化粧水や乳液を選ぶ際は、「オイルフリー」や「ノンコメドジェニック」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

油分が多いものは毛穴を詰まらせやすく、ニキビの原因を作りやすいといえます。

もしどれを選んで良いか分からない時は、「ルナメアAC」がオススメです。

ルナメア
  • 初回限定送料無料 お試しセット1,080円(税込 14回分)

ルナメアACは、植物由来の4つのうるおい成分がたっぷりと配合された保湿剤です。浸透力に優れていて、肌に塗るとすうっと馴染んでくれます。

保湿アイテムには、化粧水とジェルクリームがあり、化粧水は「通常タイプ」と「しっとりタイプ」から選ぶことができるので、好みに合わせて選んでみましょう。

ニキビ肌の人の中には、「ベタベタするから」という理由で乳液やクリームを使いたがらない人もいます。

しかし、ルナメアACのジェルクリームはさらっとした付け心地でベタつかないので、乳液やクリームのベタつきが苦手な人でも使いやすいのではないでしょうか。

公式サイトはこちら

まとめ

思春期ニキビを作らない・繰り返さないためには、毎日のスキンケアや生活習慣を見直して、体質を改善することが重要です。

毎日コツコツ続けることで、徐々にニキビが改善されてくるので、根気強く体質改善のための工夫を続けましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。