【乾燥肌さんにこそ読んでほしい】思春期ニキビと乾燥の意外な関係 | チルコレ

記事公開日: 2018/01/24
最終更新日: 2018/02/15 SatoKaede

【乾燥肌さんにこそ読んでほしい】思春期ニキビと乾燥の意外な関係

思春期ニキビというと、肌がベタついているというイメージを持っている人は多いと思います。しかし、思春期ニキビができる肌は意外と乾燥していることも珍しくないのです。ここでは、思春期ニキビと乾燥の意外な関係をお伝えします。

  • 目次

乾燥肌の人はニキビができないと思っていませんか?

皆さんのお子さんの中には、思春期ニキビに悩んでいるお子さんも多いのではないでしょうか?

赤く腫れているニキビを見ていると、痛々しくて「少しでも早くどうにかしてあげたい!」と思うのが親心ですよね。

一般に、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こると言われています。

思春期になると、ホルモンバランスの変化から皮脂が過剰に分泌されやすくなり、皮脂によって詰まった毛穴の中で雑菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

そのため、思春期ニキビをケアするためには皮脂の分泌を抑えることが大切と言われています。

しかし、思春期ニキビの原因は皮脂の分泌だけではないことがわかってきました。

思春期ニキビができる原因の一つに「乾燥肌」も挙げられるのです。

これに当てはまれば乾燥肌の可能性アリ!


では、お子さんの肌が乾燥肌かどうか、お子さんと一緒にチェックしてみましょう。

~お子さんの乾燥肌チェック~

  • □洗顔後、肌がつっぱる
  • □冬場になると乾燥がひどくなる
  • □熱いお湯で洗顔している
  • □洗顔後は保湿をしていない
  • □化粧水をたたきこむようにして付けている
  • □あごや頬ににきびができやすい
  • □ニキビだけでなく、部分的な乾燥が気になる
  • □毛穴が黒ずんでいる
  • □鼻や額にニキビができやすい
  • □肌がベタついている

いかがですか?

もし1つでも当てはまるのであれば、ニキビの背後に乾燥肌が隠れている可能性があります。

乾燥肌で思春期ニキビができる理由

  1. 皮脂の分泌量が増えるため
  2. 角質層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるため
  3. 肌のバリア機能が低下してしまうため

1. 皮脂の分泌量が増えるため

肌が乾燥すると、私たちの肌はそれ以上肌の奥から水分が蒸発しないようにするため、皮脂を盛んに分泌します。

肌の表面に皮脂の膜を作って、ほこりなどの刺激から肌を守ろうとするのです。

すると、過剰に分泌された皮脂で毛穴が詰まり、皮脂をエサにして雑菌が繁殖し、ニキビになってしまうのです。

2. 角質層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるため

私たちの肌は、肌の表面にある「角質層」というところに潤いを蓄えています。

通常であれば28日周期で角質層は生まれ変わるのですが、間違ったスキンケアやホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れでその周期が崩れると、角質層がどんどん厚くなってしまうのです。

角質層が厚くなると、古い角質によって毛穴が詰まりやすくなります。

すると、詰まった毛穴の中で雑菌が繁殖して、ニキビができてしまうのです。

3. 肌のバリア機能が低下してしまうため

十分に潤っている肌は、少しぐらい刺激が与えられても、自分の力でそのダメージを修復する力があります。

しかし、潤いが足りなくなってしまうと、刺激に対して敏感になり、少しの刺激で炎症が起きやすくなってしまうのです。

そのため、通常であればなんでもない髪の毛や衣服との接触でかゆみが出たり、普段使っている化粧品でも肌が荒れたりしやすくなります。

肌の表面で雑菌も繁殖しやすくなるため、ニキビができやすくなってしまうのです。

乾燥肌になる原因 

では、乾燥肌になる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

1. 洗顔のし過ぎ

お子さんは、1日のうちに何回くらい洗顔していますか?

もし1日に3回以上洗顔しているのであれば、洗顔のし過ぎで乾燥肌になっているのかもしれません。

思春期ニキビを改善するには、洗顔をして余分な皮脂を落とし、雑菌の繁殖を抑えることが重要です。

しかし、洗顔をし過ぎると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

こまめな洗顔は大切ですが、まずは朝と夜の1日2回だけ洗顔するようアドバイスをしてあげてください。

洗顔をするときは、熱いお湯を使うのではなく、ぬるま湯で行うのもポイントです。

熱いお湯で洗顔をすると、必要な皮脂まで取り除いてしまうだけでなく、肌の水分も蒸発しやすくなるため、乾燥肌になりやすくなります。

2. 食生活の乱れ

皆さんのお子さんは、食べ物の好き嫌いはありませんか?

あるいは、極端なダイエットをしていたりしませんか?

もし極端な偏食があったり、極端なダイエットをしていたりするのであれば、それが乾燥肌の原因になっている可能性があります。

特に注意したいのが、ファストフードやお菓子の食べ過ぎです。

ファストフードやお菓子には、たくさんの塩分や脂肪分が含まれています。一方で、ビタミンや食物繊維、ミネラルといった栄養素はあまり含まれていません。

また、食事を抜いたり、特定の食べ物を食べないといった極端なダイエットも乾燥肌の原因になります。

極端な食事制限をすると、肌に十分な栄養を与えることができません。

もちろん、成長期になる中高生の体の発育にも悪い影響があるので、もしお子さんが極端なダイエットをしているようであれば、親御さんから正しいダイエットの方法を伝えてあげてください。

普段の食事の栄養バランスが乱れると、肌の潤いを保つ成分「セラミド」や「NMF(天然保湿因子)」が少なくなり、肌の潤いが失われやすくなって乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌を改善するには、毎日の食生活の見直しも欠かせません。

3. 生活習慣の乱れ

普段、お子さんは何時頃に就寝していますか?

もし夜更かしをしていることが多いのであれば、睡眠不足が乾燥肌の原因になっている可能性があります。

睡眠不足になると、肌の生まれ変わりを促す「成長ホルモン」の分泌が少なくなります。

すると、肌の生まれ変わる周期が乱れ、角質層が厚くなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなってしまうのです。

もしお子さんの睡眠不足が続いているようであれば、原因を突き止めることが重要です。

大きなストレスなどが背景にある場合もあるので、まずはお子さんによく眠れたかどうか、学校で眠くなったりしていないかを聞いてみましょう。

乾燥肌さんが思春期ニキビを治す方法

では、乾燥肌のお子さんがニキビを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

乾燥肌の改善のカギは、正しい洗顔と十分な保湿にあります。

洗顔はぬるま湯でやさしく!

洗顔は、必ずぬるま湯で行うようにさせてください。

熱いお湯での洗顔は、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。また、冷たい水での洗顔では、汚れが十分に落ちません。

人肌程度のぬるま湯で行うことで、必要な皮脂は残しつつ、きちんと汚れを落とすことができます。

お子さんは、ゴシゴシと擦るように洗顔していませんか?

擦り過ぎもまた乾燥肌の原因です。

洗顔をするときは、洗顔料をしっかりと泡立て、泡で撫でるように優しく洗いましょう。

手を使って泡立てるよりも「泡立てネット」などを活用すると、よりきめの細かく肌に優しい泡を簡単に作ることができます。

洗顔方法と洗顔料について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ピックアップ記事

洗顔後はしっかりと保湿をしましょう!

洗顔の後は、しっかりと保湿をして肌に潤いを閉じ込めることが重要です。

ニキビがあると、化粧水や保湿クリームを使うのに抵抗があるかもしれませんが、ニキビを悪化させないためにもしっかりと保湿させるようにしましょう。

化粧水や保湿クリームを選ぶときは「ノンコメドジェニック」や「オイルフリー」と書かれているものを選ぶのがポイントです。

ノンコメドジェニックの化粧品は、毛穴を詰まらせにくい成分で作られています。

また、オイルフリーの化粧品には余分な油分が入っていないので、毛穴が詰まりにくく、ニキビの原因になりにくいです。

もしどの化粧品を選んで良いのか悩んでいるのであれば、「薬用ネクア」を使ってみてはいかがでしょうか?

肌に合った化粧水を!「薬用ネクア」

ネクア
  • 初回定期購入50%off 3点セット(洗顔フォーム100g、化粧水120ml、保湿液30ml)3715円
  • 通常価格 (洗顔フォーム100g 2030円、化粧水120ml 2527円、保湿液30ml 2872円)

「薬用ネクア」は、肌質に合わせたアイテムを組み合わせて使うことができるニキビケア商品です。

  • オイリー肌
  • オイリー混合肌
  • ドライ混合肌
  • ドライ肌

の4つの肌タイプに合わせた組み合わせの商品を使うことで、より効果的なケアを行うことができます。

お子さんの肌タイプは、公式ページのチャートで簡単にチェックすることができるので、お子さんと一緒にチェックしてみましょう。

「薬用ネクア」には天然由来成分と薬用成分が配合されており、肌が生まれ変わる周期を整え、徐々にニキビのできにくい肌へと整えてくれます。天然精油が入っているため、香りが良いのも人気の理由です。

公式サイトはこちら

その他、チルコレおすすめのニキビケア化粧水はこちらの記事に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ピックアップ記事

まとめ

思春期ニキビを改善するために、皮脂を取り除くことに一生懸命になっていませんか?

もしお子さんが一日に何度も洗顔をしたり、生活習慣が乱れたりしているのであれば、思春期ニキビの背景に乾燥肌が隠れているかもしれません。

まずは、毎日の習慣を見直すとともに、専用のケア商品を使って乾燥肌の改善から始めてみましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。